脅威の吸引力でゴミを根こそぎ吸い込む

活用しよう

掃除機をかける

掃除機は一家に一台あると言っても良いほど、多くの家庭で購入されている家電製品です。
近年では掃除機の性能が高まり、高価な製品も増えてきました。せっかく購入するのですから、最大限に掃除機を活用したいですよね。
また、ちゃんと掃除機を扱うことで高い性能が保たれます。

ここで、掃除機を使用する際のポイントを紹介します。

掃除機のかけ方

本体は電源を入れることでゴミを吸引することが出来るようになっています。
ただ、掃除機のかけ方によってはしっかりとゴミを吸引することが出来ずに、目に見えないゴミが残ってしまうこととなります。

基本的には、フローリング、畳、タイル、カーペットなどの床で使用することが出来ます。
ただ、その中でもフローリングや畳は、一定方向に掃除機を当てる必要があります。目にそって動かすことで、目と目の隙間にあるゴミを吸引することができ、床も傷つきません。
また。カーペットなどの素材には、毛の内側にダニやノミが存在している恐れがありますので、縦だけではなく横方向にもそうじをするようにしましょう。何度も往復して掃除することでダニやノミを退治することが出来ます。

忘れないように

掃除をする場合には、目立った場所だけを集中的に行なう傾向があります。
しかし、目立たない部分にもホコリが溜まってしまいます。
忘れがちのポイントは、家具と壁の隙間、網戸、階段などです。こうした部分にはホコリが溜まりやすいので忘れずに掃除機を当てるようにしましょう。